親族代表謝辞 新婦の母親挨拶|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



親族代表謝辞 新婦の母親挨拶

結婚式スピーチドットコムのshouseです。

 今回は、親族代表の謝辞として新婦の母親の挨拶です。

 

本日は○○さんと●●の結婚披露宴にご列席頂き、
まことにありがとうございます。

新婦、●●の母でございます。
 

○○さんと●●は、本日こうして夫婦となることができましたが
これもすべてご列席いただきました皆様のおかげでございます。
 

また、○○様ご夫妻にはご媒酌人と致しまして、
○○、●●両家の間で大変お世話になりました。

まことにありがとうございました。


○○さんと●●ほ、皆様から賜りましたご祝福を心に刻み、
これから二人で幸せに暮らしてゆくものと信じております。


こうして新しい人生を歩み始める二人ですが、
何分にも二人ともまだ若すぎます。
 
これからの生活で迷ったり、壁にぶつかることもあると存じます。


その時にはみなさま、どうか二人をお導きくださるよう、
よろしくお願い致します。


二人とも若すぎると申しましたが、先ほどのご紹介にもありましたとおり、
二人はともに二十歳でございます。社会勉強も、まだ二年足らずで、とても
経験が豊富だとはいえません。


娘が結婚したいと言い出したときも、
最初のうちは、私ども夫婦はとても認める
気にはなれませんでした。
 

主人などは短気をおこして、娘に手を上げたこともありました。
これは〇〇さまご夫婦も同様でございまして、それぞれの家で、
大変な騒ぎとなってしまいました。


これをとりなしてくださったのが、
〇〇さんのお勤め先の店長さんであられます、
〇〇さまでございます。


なかば意地になっていた私ども両親に、
「このままでは二人は駆け落ちもしかねません。
 
そうなったら二人も、ご両親も不幸になります。

二人はもう結婚する気でいるのだから
二人を信じて、認めてあげたほうがお互いにとって
よいですよ」と説いてくださいました。


冷静になればそのとおりでした。
二人は若いながらも社会人であるし、
経験ならば結婚してからも積めるものでございます。
 


これまでは子ども扱いしていた二人ですが、
本日からはひとつがいの夫婦でございます。
 
〇〇さん、●●、どうかお互いに助け合い、
末永く幸せに暮らしていってください。


そしてみなさま、どうかこの二人をよろしくお願い致します。


まことにまとまらないものとなりましたが、
あらためて皆様にお礼を申し上げて私の
挨拶とさせていただきます。


まことにありがとうございました。



 

Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます