来賓のあいさつ 新郎の高校時代の恩師|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



来賓のあいさつ 新郎の高校時代の恩師

結婚式スピーチドットコムのshouseです。

きょうは、来賓の挨拶で新郎の高校時代の恩師という
設定です。



皆様、本日はおめでとうございます。
○○・○○ご両家のご婚儀も滞りなくおすみになり
 
ここに新しいカップルとして新郎の○○君、
新婦の○○さんがご誕生になられましたことを、
心からお喜び申し上げます。

 

先ほどからお二人の晴れ姿を拝見いたしておりますと、
学生時代の面影ばかり浮かんでまいります。
 

すでにご紹介にありましたように、
新郎の○○君と新婦の○○さんは
ともに同じ高校の卒業生であります。

 

○○君は○○さんのちょうど一年先輩にあたり、
私は○○君が三年生のときにクラスを
受けもっておりました。
 

高校時代の○○君は、いつも全校で十番以内の
成績という優秀な生徒さんでした。
 

ただひとつ残念なことに、やや努力不足のところがありまして、
私はいつもヤキモキし、
 
「才能に頼りすぎて努力が足りないと、
いつかウサギとカメのようになります。


努力すれば一番になれる」などと、
成績表に一言、つけ加えたものです。
 

ところが、人間とは変われば変わるものです。

○○君は高校卒業と同時に、私が驚くほど
の大変な努力家に変身したのです。
 

と言いますのは、お二人は高校時代から親しかったようですが、
卒業すると○○君は、東京の大学へ、そして○○さんはお父様の

お仕事の関係でアメリカへと、
4年間は完全に離れ離れになってしまいました。
 

しかしその間、○○君は毎週のようにラブレターを書いたそうです。
新婦の○○さんに対して大変な情熱と努力を傾けたわけです。
 

成績表に「努力せよ」と書いた言葉がまさに功を奏したと、
私自身一人満足をしている次第でございます。
 

結婚生活にもこの努力が一番大切だと思います。
本日よりお二人の結婚生活という長い船旅が始まりました。


波ひとつない静かなときもありましょうし、大嵐のような荒波
のときもありましょう。
 

しかし、お二人が手を相たずさえて努力すれば、
穏やかで楽しい航海もできると思います。

 
素敵な航海・船旅を楽しんでください。


 

Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます