乾杯の音頭心得|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



乾杯の音頭心得

結婚式スピーチドットコムのshouseです。


きょうは、乾杯する場合の基本的なことについてです。




結婚式披露宴では主賓の挨拶のあと、

祝宴に入る前に乾杯するのが一般的です。



列席者は全員起立し、来賓の代表者が乾杯の音頭をとって乾杯します。



乾杯は、それまでの儀式を終え祝宴に移る大事なセレモニーです。

乾杯の音頭をとる人は、そうゆう意味で責任は重大です。


 

乾杯は、ふつうシャンパングラスかワイングラスです。


グラスの持ち方は、右手の親指と人差し指で持ち、

中指、薬指、小指を添えるようにします。


持つ位置は胸の高さです。


このようにして自分がグラスを持ったら、ゲストのほうを見渡し、

乾杯の準備ができているか確認してください。


 

準備が整っても、いきなり「乾杯」するわけにはいきません。


発声者はグラスを胸の高さに持ったまま簡単な祝辞を述べ、

新郎新婦に目礼をします。



そしてグラスを目の高さまで持ち上げて「乾杯!」と新郎新婦を祝福します。


列席者全員が気持ちよく唱和できるように堂々と、力強く、

大きな声でリードしてください。



簡単な祝辞の後・・・

「これからのお二人の健康と幸せ、皆様のご繁栄をお祈りしまして、乾杯!」

といった挨拶を述べた後、グラスを顔の高さまで上げ て祝福しましょう。



もしあなたがお酒が飲めなくても、お祝いの儀式です。

飲まなくてもよいので、口をつけるだけはするようにします。


 

乾杯に際してのスピーチは基本的に短いものが良いでしょう。


乾杯のスピーチは、起立してグラスを持ったまま行います。

列席者も同じ姿勢で聴いているので、長いスピーチは苦痛となります。


くれぐれも短めにすませるよう心掛けてください。



どうしても長いスピーチになるときは、

列席者がグラスを持つ前に断りを入れてから話してください。



スピーチの内容は、新郎新婦の前途を祝う明るい内容にすること。


主賓や来賓のスピーチのように、じっくり聞かせる内容ではなく、

あくまでも乾杯の前口上であることを忘れないでください。


 

結婚式スピーチが役にたったと思われた方、応援をお願いします^^:
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村 結婚式・披露宴
Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます