両家代表の謝辞(新郎の父)|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



両家代表の謝辞(新郎の父)

結婚式スピーチドットコムのshouseです。


披露宴がお開きに近づいたころに両家の代表が

主催者として挨拶するのが通例になっています。


きょうは、両家代表謝辞の簡単な基本例です。





〈新郎の名前〉の父、○○でございます。


本日は、ご多用にもかかわりませず、

このように大勢の方々にご臨席を賜りまして、誠にありがとうございました。


加えて、両人のためにお心のこもった温かいご祝辞を賜りました。



私どもと致しましては、身に余る光栄と存じております。誠にありがとうございました。



本日、我が家に、また一人家族が増えた訳でございます。

この喜びを皆様方と分かち合えましたことを、心から嬉しく思っております。



しかし、船出する二人は、いつかは嵐に遭遇することもあるかと思います。



そのようなときには、この未熟な二人に対し、

厳しいご指導と励ましのお言葉をいただきたく存じます。



最後になりましたが、ご媒酌の○○様ご夫妻には、一方ならぬご尽力を賜りました。

心よりお礼申し上げます。


本日は、まことにありがとうございました。


参考にしてください!!

 


結婚式スピーチが役にたったと思われた方、応援をお願いします^^:
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村 結婚式・披露宴

 

Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます