来賓のスピーチ|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



来賓のスピーチ

結婚式スピーチドットコムのshouseです。



きょうは、囲碁に関する内容のスピーチです。


この内容は来賓のあいさつに適していると思いますが・・・。



冒頭の言葉は省略してありますが、

ここからの流れでいくこともできますね。




囲碁では、よく「大局を見よ」と言います。くだいていえば、
部分にこだわらず全体に目を配りなさいということで、

これを心掛けていればつまらない打ち損じを防ぐことができます。


しかし、そうと分かっていても隅なり辺なり、

とにかく部分にこだわってしまうのが初心者です。



大局を見るようになるのは、あるいは見えるようになるのは、

ある程度腕があがってからだと思います。



人生を一局の碁にたとえると、やはり大局を見ることが肝心ですが、

若いうちはなかなかそうはいかないところは、囲碁と同じです。


 

大局を見る曇りなき目をもてるのは30過ぎ、

誤りなき目をもてるのは40過ぎてからといえるのではないでしょうか?



しかし、その目のもてぬまま40、50を迎え、

打ち損じを続ける人もまた多いのが現実の人の世でもあります。



しかし、大局を見るよう不断に心がけねばならないということでしょう。



この心がけがあれば、30を過ぎ、40を越えるとき、

おのずから年齢に相応して大局を見る目が備わってくるものです。



◎◎さん、◎子さんのお二人には、そのような心がけを持ち、 

明るく楽しく過ごしていただきたいと思っております。






この内容は将棋、チェスにも活用できます。 参考にしてくださいね。。。


 

結婚式スピーチドットコムTOPへ

 

Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます