結婚式スピーチ 冒頭の言葉|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



結婚式スピーチ 冒頭の言葉

結婚式スピーチドットコムのshouseです。


きょうは、結婚式スピーチでの

最初の言葉(出だし)を考えてみましょう。




スピーチの内容に関係したものの冒頭のことばです。


◎◎君、◎子さん、お二人の新たな旅立ちを心からお祝い申し上げます。

お二人の旅が力強く、美しく、幸せに満ちたものでありますよう祈っています。

人生はよく旅にたとえられますが・・・


◎◎君、おめでとう!こうして◎子さんと供に新しい生活、いえ、人生をスタートしたわけですが、

たとえ話を持ち出しますと、映画の製作で「用意、スタート!」と最初のカチンコが鳴ったということです。

クランクインです。


主役はもちろん◎◎君と◎子さん。


しかも企画者兼シナリオライター兼、兼、兼となにから何まで二人でやる、いわば自主制作です。

なかなか大変です。


しかし、人生のオスカーを狙って大いに頑張っていただきたいと願っております。

私の好きな映画に関連する話をさせていただきます。



おめでとうございます。ご指名がありましたので、一言お祝いのご挨拶を申し上げます。

近頃はスポーツに時代とでも申しますか、健康こそ第一と考える方が非常に増えたこともありまして、

いろいろなスポーツが盛んですが、私も・・・



◎◎君、◎子さん、おめでとう。私の好きな囲碁でいいますと、

今日お二人は、人生という新しい囲碁に、パチリと最初の石を打ったということになりましようか。


対局者は運命の神様といいますが、世間一般とでもいいますか、

とにかく得体の知れない大物で、なかなか手ごわい相手です。


しかし、恐れるには及びません。

お二人して作戦を練り気を緩めず、着手を誤らずに打ち進めていってください。

定石に従いながらも、ときには定石を破る思い切った手も有効かと思います。

囲碁ではよく、「対局を見よ」といいます。くだいていえば・・・・


 

このような出だしから、自分の得意な分野の内容に持つていけばいいのではないでしょうか。


 

結婚式スピーチドットコムTOPへ

 

Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます