招待客と席次について【結婚式スピーチドットコム】|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



招待客と席次について【結婚式スピーチドットコム】

結婚式スピーチドットコムのshouseです。

きょうは、結婚披露宴での招待客について考えてみましょう。

意外と招待客に迷う人が多いと思います!! みんなが一番最初にぶつかる難問でしょうか?

招待客は両家のバランスを考えてというのが常識と なっていますが・・・

新郎側と新婦側で招待客数が違っても、 無理に数を合わせる必要はありません。
           
両家で相談し、納得できていれば問題ないでしょう。 バランスにばかり気ををとられて、呼ばれた本人自身があまり 祝福する気がなかったりすると気を遣わせてしまいますし かえって失礼になりますね。

招待客数よりも招待客層のバランスが必要です。 一方が友人中心で若者ばかり、一方は親戚が多く年配者ばかりでは アンバランスですね。

主賓は呼ぶもの?

主賓と呼ばれる人は、 会社の上司ということが多いものですが、上司を招待しない場合は 主賓がいなくても問題ありません。

           
身内だけや親しい友人たちだけでカジュアルに行う場合も 増えてきました。 主賓の挨拶がいるのでは? と固く考える必要はありません。


主賓が一方にしかいないなら・・・・・ これも両家が理解出来ていれば一方だけでOK! もう一方は乾杯の音頭などでそれにふさわしい人にお願いすると いいでしょう。

席の決め方は
  
招待されるとよくわかりますが席の配置を慎重に! 親しい人がいないと食事するのにもとても気を遣いますね。
知らない人同士が隣り合っては、招待客側も気疲れして しまいます。できるだけ顔見知り同士や、 話しやすそうな雰囲気を作ってくれる人を隣同士にしてあげましょう。

年齢がかけ離れているのも話づらいものです。 趣味や嗜好まで考慮してあげられるとなおいいですね。  タバコが好きな人、苦手な人で分けてあげてもいいでしょう。

両親はなぜ末席なの?
  < BR>両家の両親は末席に座るのが結婚式の基本となっています。 これは、もともと『家』が結婚式を主催していたからです。

つまり両親は招待をする側なんですね。 招待状も親の名前で出すのが一般的ですよね。

新郎新婦がすべてお金を出し主催し、親も招待客と みなすのであれば末席にこだわらなくてもいいかもしれませんが、 出席者のなかには、なぜ両親が上にいるの?? と不思議に思う人もいるはず。

ここはよーく考えて!両親も居心地が悪くては意味がありませんね。。。

 

結婚式スピーチドットコム

 

コメント:0トラックバック:1Edit

トラックバック一覧

  1. 1. 結婚式の招待状にまつわる失敗例

    • [結婚式の招待状・あれこれ]
    • 2007年11月28日 10:15
    • 結婚式の招待状にまつわる失敗例は、インターネットが普及しきったといえる昨今ではネット上で色々な話を見ることが出来るようになっています。正しい結婚式の招待状の発送までの流れを学ぶのと同じくらい参考になるのが、失敗例といった反面教師になる事柄の把握でしょう。...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます