節水でマイホームの夢が膨らんだ【結婚式スピーチドットコム】|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



節水でマイホームの夢が膨らんだ【結婚式スピーチドットコム】5

結婚式スピーチドットコムのshouseです。

日本話し方センターのメルマガ、ビジネスに効く!〜 「言葉のお薬」です。

今日も、勉強させてもらいます。。。聞いてくださいね♪

      


■ 節水でマイホームの夢がふくらんだ

ある日のことです。高校二年生になる息子が、水を流しっぱなしで歯を磨いていました。

「もったいないでしょ。水を止めて磨きなさい」
「わかったよ・・・」

返事はいいのですが、なかなか直りません。

その時、話し方教室で学んだ、「人を動かす心理説得」のコツを思い出しました。

「太郎、今の家が古くなってしまったでしょう。そろそろ建て替えたいよね。陽がサンサンと降りそそぐ大きな窓のある家で、一家団欒の楽しい食事もいいでしょう?だって今は狭くて、お友だちも呼べないもんね・・・」

息子の表情は明るく、生き生きとしてきました。

「ね、そうでしょ?お母さんね、太郎がどれくらい水をムダにしていたか、一度計量カップで測ってみたのよね。そうしたら、一分磨いて4リットルのムダよ、一ヶ月で洗濯1回出来るのね。だから節水に協力してね」

「え・・・僕、そんなにムダにしていたの?じゃ・・・今日から気をつけるよ。家も新しくしたいしね」

太郎の声は弾んでいました。

何の意味もなく、ただ「ダメ、ダメ・・・」といっている時は聞いてもらえなかったことが、相手の欲望にからませて良い状態を連想させたことによって、聞いてもらうことができたのです。

「ローマは一日にしてならず」ということわざがあります。一つ一つの小さな積み重ねが、大きな夢につながるのではないでしょうか。

水道ばかりではなく、電気、ガスの節約が、マイホームの夢につながり、環境保護にも役立つかな・・・とちょっぴりうれしくなりました。

                      (平成18年9月話し方教室修了レポートより一部抜粋)


結婚式スピーチドットコムトップへ戻る


■ 今日のポイント「無関心な相手の心をとらえる説得術」



説得を成功させる最大のポイントは、相手の欲望を見抜き、的確にそこをつきながら話を進めていくことです。

自分の言い分を押しつけるのではなく、相手に聞いてもらう、相手に納得してもらう、そのうえで相手に自分の目的通りに行動してもらうことです。

いかに相手の立場に立つことができるか、相手の胸のうちに入り込めるかが、説得を成功させるカギなのです。

そのためには、切り出しを工夫して相手の心をつかむことや、相手の欲望をつく一言が効果的です。

さらに、人を動かす心理説得のカギは、人を自分の話しに引き込む、さまざまな話し方を工夫することです。

例えば先に紹介したスピーチのようにもっていくのも一つの手です。

「家が古くなったでしょ。そろそろ建て替えたいよね・・・」

こう伝えながら、“あなたはどう思う・・・”というように、相手の同意をうながし、会話に参加してもらうことです。

また、「一分磨いて4リットルのムダよ・・・一ヶ月で洗濯1回出来るのね・・・」などと、数字や統計を使うことで、より具体的なイメージを相手に与えることができます。

創業者江川ひろしはよく「シード話法よりニード話法で」と申しておりました。

自分の言いたいことだけを話すのがシード(種)話法、聞き手の関心や興味に訴える話し方をニード(必要)話法といいます。

ニード話法は話し方の全てにおいての原則ですが、人を説得するにあたっても非常に大切なポイントとなります。

※ 生き方をかえる話し方教室を開催中です。無料見学も歓迎いたします。スケジュールは次のページをご確認ください。

話し方教室スケジュール

結婚式スピーチドットコム

 
 
コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます