誉めコトバの効用|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



誉めコトバの効用5

今日は、「誉め言葉の効用」について考えてみたいと思います。

有名な心理学者フロイトは、このように言っていますね。
「人間のすべての行動は偉くなりたいという欲望と性の衝動から発する」と。

人間はみんな人からほめられたいと思っています。
そのために一所懸命に努力もしますし、勉強もするというのです。

小生も、人から誉められたいと思っていますが、なかなか誉めてくれませんね(誉められることをしていない精かも?)。


ちょっとした誉め言葉がこんなにも人に喜びを与えるものなのかと感動しましたので書いてみますね。


「時計をみたら12時。夫の帰宅は毎晩、遅い。今日で3日目だ。穏やかでない気持ちを押さえ、夫のために塩ザケ入りのおにぎりを作ったが、せめてもの抵抗のつもりで先に寝てしまった。

翌朝、ふくれ面で朝食の支度をはじめると、テーブルにメモ用紙が置いてある。夫の字で、

「ありがとう。夜食にきみの心がしみています。おいしい」

うれしかった。胸につかえていた何かが、急に吹っ飛んでしまった。
「パパも私のことを気にしていてくらたんだ」と思うと涙が出た。
結婚して7年もたち、2児の母親なのに、夫のひと言で胸いっぱいになるとは・・・・。

なんて弱い女なのかしら、と我ながらおかしかった。博多から札幌まではるばる嫁いできたことも後悔しない。パパありがとう」。



私も、昔よく妻からいわれました。
「お父さん、おいしんですか?まずいんですか?何作ってもなんにも言わないんだから・・・」

自分としては、おいしいから食べているんだと思っていますが、
やはり、言葉に出さないと相手に伝わらないですね。

以後、できるだけ言葉に出すよう心がけていますが、たまに忘れることがあるんです。そんなときに限って問われるんですね(笑)。

でも、ほめことばは真実のことでなくてはいけませんね。
お世辞やおべっかとは違います。

これからは、悪いところが目に付いても喉元に止めて、良いところをどんどん言葉に出していきたいものです(真実のみを)。


コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます