感謝の心で職場が楽しくなった|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



感謝の心で職場が楽しくなった5

 職場での話・・・感謝の心で職場が楽しくなった!

 

この話は、「話し方教室」終了レポートより抜粋(平成18年3月)しています。


              


「早く売っちゃえよ!!こんなに残して帰れるかと思っているのか!」

私は、魚屋で販売を担当しています。

上司から怒鳴られて、精神的にも、体力的にも限界を迎えておりました。

もうこの仕事はいやだ。もっと楽な仕事を探そう。次の面接対策のために、

日本話し方センターに勉強に参りました。



そして講義で次のように聞かれました。

「あなたは、今の仕事をイヤイヤしていませんか・・・働く場所のあることに
感謝していますか?」

私はそれを聞いてハッとしました。

私は、今の仕事をイヤイヤやっていることに気がついたからです。お客様から
料理法を聞かれても満足に答えることもできません。これではお客様だって

買ってくれるはずがありません・・・。

そこで考え方を変えてみることにしました。

よし、魚を好きになろう。料理をやってみよう・・・。

さっそく魚の料理本を買い込み、実際に家で料理をしました。わからないとこ
ろは店のベテラン調理師に教えてもらいました。そして一ヶ月が過ぎ、私は売
り場に立ちました。

「お客さん、このワカサギ・・・天ぷらがおいしいよ。これが簡単なんですよ
・・・ビニール袋を用意するでしょ。そこにこのワカサギを入れて、天ぷら粉
を入れて・・・それだけ!ね、簡単でしょ!」

「お客さん、このアジ、イキがいいですよ。三枚におろしてみませんか!あ、
毎度ありがとうございます」

そうしているうちに魚の売れ残る日はほとんどなくなりました。

世の中には仕事をしたくても出来ない人がいます。にもかかわらず、

私にはやる仕事がそこにありました。そして、うれしいことは魚を買ってくださる、喜んでくださるお客様に出会えるのです。

私はこれからも、職場を愛し、魚を愛し、お客様に感謝の心で生きていきます。

    

■ 今日のポイント「常に感謝、感謝、感謝」

私たちは今、自分が持っているものの有難さを自覚していません。それを失っ
てはじめて、その大切さに気がつきます。それでは遅すぎます。

たとえば健康な人は健康であることが当たり前だと思っています。健康なこと
に感謝しません。病魔におかされ、自由に動くことができなくなってはじめて、
健康のありがたさを痛感します。

会社に行って働く、働けば給料をもらえることも当たり前と思っている人が多
いのが現状ではないでしょうか。

ところがこの競争社会の世の中で、自分の勤めている会社がいつまでもある

という保証はどこにもありません。



ある日突然倒産し、職を失ってしまうかもしれません。そうなってみてはじめ
て仕事がないことがどれほど悲しく、淋しいものかがわかります。行くべき会
社があり、働けることのありがたさもわかります。

教室でも「あなたはイヤイヤ仕事をしていませんか」「仕事をさせられている
と思っていませんか」とお聞きします。

そう思って仕事をしていたら、仕事は楽しくないのではありませんか。今、日
本の失業者は310万人、フリーター400万から418万人、ニート62万人といわれ
ています。

働きたくても働けない人もいる中で、「行くべき職場がある」「やるべき仕事
がある」「お客様にもお会いできる」「なんとありがたいことだろう」と

プラス思考で受け止め、感謝して仕事をすることです。

感性論哲学創始者、芳村思風先生は「私達は仕事を通した複雑な人間関係の中で、自分のいたらなさに気付かせていただき、謙虚さを学ばせていただく。

人格を磨かせていただいているのです」とおっしゃっています。

仕事のできることに感謝、感謝です。


コメント:0トラックバック:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます