誉めると叱るについて【結婚式スピーチドットコム】|結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



誉めると叱るについて【結婚式スピーチドットコム】5

きょうは、社員に対して、ほめた方がいいのか、叱った方がいいのか?についておもしろい実験データーがありますしたので書いてみますね。

グループを3つに分けて、どのグループにも同じような単純な仕事を与え、終わったあとで・・・

第1グループには、結果いかんにかかわらず、全員に対して、「よくできた」とほめる。

第2グループには全員に対して、「もっとできるはずだ」と思っていたのにと叱る。

第3グループには、ほめも叱りもしない。

翌日、また似たような課題を与え、前日より、どの程度進歩したかを見る。


さて、結果はどうなったでしょうか。。。
ほめたグループが一番だと、、、思った方が多かったのでは。

 

意外や意外-----2日目は叱ったグループが一番よく進捗し、次は誉めたグループ、その次は何も言わなかったグループ と いう結果になったということです。
<やはり人間は叱られると発奮するのでしょうね(一度は)。でも、いつも叱られてばかりいるとやる気を失せてしまうと思うが、、、> 


ところがおもしろいことに、これを続けていくと、ほめるグループは進歩の上昇率が上がっていき、叱るグループを抜いてしまうそうです。


ほめるグループの上昇率が高く、叱るグループの上昇率が低いので逆転減少が起こるんですね。


何もいわないグループの上昇率が一番よくない。
ということは、何も言わないのに比べると、叱ってばかりいる方が、まだましである。



このような結果が出たそうです。



欲をいえば、もうひとつのグループ、ほめるたり叱ったりのグループがあれば、もっと違ったと思うのですが。


結局、社員に対してやる気を起こさせるためには、ほめる時はおおいに誉め、叱るときは徹底して叱ることが必要なのでは。

その使い分けが上手な人が部下に尊敬されると思います。



私は、元職場では、、、その人の個性によつて使い分けをしていました。叱って伸びる社員もいれば、誉めなければやる気を起こさない社員もいますから。



みなさんは、いかがですか?
コメント:0トラックバック:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます