結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】

結婚式は人生最大のイベント。結婚式のハイライトは二人に贈るスピーチです。結婚式でのスピーチでお困りの方に役立つスピーチ文例をお届けしています。あわせて、暮らしに役立つ情報も発信していきます。



新郎の学生時代の先輩挨拶

結婚式スピーチドットコムのshouseです。


新郎の学生時代の先輩スピーチです。



スピーチのポイントは、

学生時代のクラブなどの先輩は、

新婦の知らない新郎の側面を


よく知っているはずですから、その祝辞は

新婦向けになる場合が多いものです。



また、ざっくばらんなスピーチは

親しみが増すものですが、


両家の方々への礼儀は忘れないでね。


それではスタート!


続きを読む

Edit

結婚式スピーチ【新郎の親友(幼なじみ)】

結婚式スピーチドットコムのshouseです。



今日は新郎の親友(幼なじみ)のスピーチです。

 

スピーチのポイント

 

幼なじみといっても記憶が鮮明に残っている

時期や印象的な事柄は当然違いますね。



無理に昔話にこだわらず、

自然体で友人として新郎新婦を祝えば良いと思います。


 

このスピーチの内容は、新郎との偶然の再会と、

それを機に紹介された新婦の印象などを交えて

過去から現在につないでいます。

 

 それではスタート!

 





続きを読む

Edit

感謝の心で職場が楽しくなった5

 職場での話・・・感謝の心で職場が楽しくなった!

 

この話は、「話し方教室」終了レポートより抜粋(平成18年3月)しています。


              

続きを読む

コメント:0トラックバック:0Edit

話しの意義5

話し方とは、あなた自身をわからせる表現手段である。

  • 発音・発声やおしゃべりの勉強ではない。

    話し方とは、人間が幸福な生活を送るために、どう話したらよいか、

    心のもち方と効果的なコトバの使い方を研究し、あわせて表現能力を

    高める勉強である。

    話し方の根本は、人間を磨くこと。

    話し方は、自分自身の思想・知識・情報さらに愛情など内部にあるもの

    を外部に表現する手段です。

    だから、話し方の勉強は表現の勉強と同時に、人間そのものの内部を

    充実させることも重要なのです。

 

 

  • 必要なことを、必要なときに、必要なだけ話せる力をもつことが大事。

    話し方の基本は、その人間の中身です。しかし、いくら中身が立派でも

    それを他の人に理解してもらえなければ、なんにもなりませんね。

    ムダ話はできても、必要な話を十分にできる人は少ないのではないで

    しょうか?

 

    あなたは、大勢の前で、堂々と自分の意見を表現することができます

    か。

    表現できる人は自分の価値を相手に正しく認めてもらえます。

    できない人は、たとえ実力があっても自分自身を正しく評価されず、

    死ぬほど恥ずかしい思いをし、しかも、人から見下げられなければ

    なりませんね。

 

    あなたは、職場で、改まった席で「必要なことを、必要なときに、必要な

    だけ話せるでしょうか」

 

わたしは、余計なことを、余計なときに、余計なだjけ話していますが・・・・・

皆さんは、いかがですか???

あなたは親に「ありがとう」をいえますか・・・

 

結婚式スピーチドットコムmainに戻る

コメント:0トラックバック:0Edit

スピーチは練習が自信をつける5

スピーチは練習が自信をつける

「この件に関してのご意見ですか?」
「え、あのー、ええとですね・・・」

・・・どうしよう、後が続かない。私は職場の会議で失敗していました。

「アアァ、もともと話の才能がないんだろうな・・・」と落ち込みながら新宿
の大ガードを通ったそのとき、ふと目にしたのが「話し方教室」の看板でした。

そこで即、行動に移し「話し方教室」に通うことにしました。1回目の実習は
「自己紹介」でした。私は、その自分がスピーチしたビデオを見て恥ずかしく
なりました。

その後、「自分から話がしたい、どうしても聞いてほしいという気になるまで、
十分な準備が必要です」、「実行なき知識はゼロですよ」とお聞きし、早速次
回の実習の準備を始めました。そして、妻に聞いてもらうことにしたのです。



「うーん・・・、場面の様子が出てこないからつまんないわ」
「じゃ、会話調にしてみるよ」
「そうそう、話がわかるようになってきたわ。次は話すときの姿勢ね」
「あ、それダメ!それ、ぜんぜんダメよ。体が傾いている!もっとシャキッと
して!ダメダメ下ばっかり見ている。ちゃんと正面を見てョ。どこを見て話し
ているの!ちゃんと、前を見ないとダメよ」

終ったときはもうクタクタでした。でも自信がついてきました。



それから1日30回。声に出して、時計で計って練習です。電車の中でもぶつぶ
つ。気が付くとまわりから人が離れていきます。それでも一所懸命練習を繰り
返しました。

いつの間にか苦手だった職場の会議も、今や自信を持って大きな声で積極的に話す私の意見が採用されるようになりました。

             

コメント:0トラックバック:0Edit
Copyright © 結婚式スピーチドットコム【結婚式スピーチの文例と心得!】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます